POMPOM

推すペースはかたつむり。はっぴーにゆるくいきたい。

オタクとしてダメなのか、人としてダメなのか

こんにちは!長い夏休みで人としてダメになっている学生オタクです!

タイトル的にこのまま自分のダメ加減を書き連ねる感じですが、今回は私のことではなく私の友人の話を書かせてください。(本人にこのブログが見つかった時のリスクは考えていません)(そこは考えような)

 

彼女は私と同い年で高校からの友人です。身内には「初日千秋楽の友達」と言っていますが、今回は【記念日観劇ちゃん】と呼ばせていただきます(長いけど)

御察しの通り、彼女は初日・千秋楽・キャスト/キャラの誕生日等の記念日観劇が大好きなフレンズです!俳優の推しは青8の某キャスト、BL大好きオープン腐女子、流行ジャンルを渡り歩く天下の2次元オタク、口癖は「尊い」「お金ない」です。なんかもうこの時点で地雷ですね!なんで今まで仲良くできてたんだろ!

 

 記念日観劇ちゃんへの不信感は、今思えば初めて連番した3rdルド○フ公演からだったかもしれません。その時私は凱旋の連番相手を探していて、テニスの村の牧人である彼女に声をかけました。(後から話を聞いたらオタクを名乗る割りに、知識はニコ動オンリーだったから殴りたくなった)当然いつ行く?って話になるじゃないですか、彼女は千秋楽と即答。まあ私も行きたかったし!取るね!と私のテ○モの名義でチケットを取りました。まずこの時点で言いたいんですけど、彼女はTS○もテ○モも入っていません。テ○モはルドが終わってから入ったみたいですけど彼女の名義は全く仕事しないし、ラジオとかの話を振ってもチェックする時間がないと言われ、話が弾みませんでした。高いから抜けようかなとか言ってるし…月額540円だよ?あのボリュームで540円は実質タダだと思う…

話が逸れました。次の山○公演は東京初日が記念日観劇ちゃんの推しの誕生日でした。(サラッと推しバレ)TS○で取れなかったと彼女に話したら、「どうしても行きたいの!できれば良席で!」…そっか!うん!推しの誕生日だもんね!探そ探そ!と言ったはいいけど見つからねえ。翌日彼女に見つかりそうか聞いたら、「時間がなくてまだ探せてない、てか俳優オタクの取引の仕方わかんないや〜」…マジか〜これは私が探さないとダメなのか〜!ちょっとおかしいなって思ったけど、彼女俳優オタク初心者だし…と納得して無事譲渡してくれる方を見つけ、観劇しました。

その後もチ○ライ(彼女の推しがゲストの日)を取り、ド○ライ(大楽)を取り…迎えた氷○。アホな私は懲りもせずいつ行こうか聞いたら、まさかのここで「お金がないから行かない」

は???推しの???卒業公演に???行かない???

「成績が下がって親に怒られてバイトを辞めた、だからお金がない」ここでアホな私はまたやらかしちゃうんですよね〜。彼女をライビュに誘いました。

ただライビュに誘ったわけではありません。当日券並ぶけど当たらなかった時の保険でライビュ取ろう、という話で誘いました。彼女もノリノリだったかと思います。ところが公演も残り2.3日となったあたりで、彼女から衝撃の連絡が来ました。「当日券並ぶの面倒だからライビュだけにしよう」…まっっってマジか!!!これでテニスの現場に推しがいるのは最後なのに!?正気か!?さすがに抗議したんですけど、☆☆ちゃんと一緒じゃないと親が許してくれない、2人とも当たるとは限らないし当たったらライビュが無駄になるから並びたくない、と譲らず。どうやら彼女の家では私と一緒が観劇条件らしく、一緒にいないとダメだそう…勘弁してくれ記念日観劇ちゃんのママ!!!

大楽は泣く泣く当日券を諦めました。色々あった大楽だったけど映画館挨拶が推しだったこと、ライビュ特典映像がとても良かったことが救いです。(行った劇場だけ電波悪くて何回もノイズ入ったけどな!!!!!)

そして表面上はとっても仲のいいお友達なので、彼女の原作推し校立○の公演まで一緒に観劇することを約束しました(ちなみに六○は東京初日に行き、ド○ライはあっちのお金がないから連番はせず、立○は凱旋初日取ってます)(ほぼ約束通りになっちゃってるじゃん…)

 

ここまで長く書きましたが結局、記念日観劇ちゃんはオタクとして付き合わない方がいいのか、人として付き合わない方がいいのか、3年半の付き合いなのに未だにわからずにいます。チケットを取ったらやりすぎなくらい感謝されるし、彼女の周りに俳優オタクは私しかいません。実際私には☆☆ちゃんしか一緒に行ってくれる人いないから…!とか言われるし。だから変な親切心を持ってしまうのかもしれないけど。

今はもう違う学校に行っているけど、高校のプログラムでホームステイした時も同じ家だったからホストファミリー関連は一括りにされるし(その時の彼女のトンデモエピソードも書ききれないほどある)、向こうの親が私のことを信頼しまくっているのでいつまでも付き合いが続いています。

 

どのタイミングで切るのが正解なんだろう…やっぱ立○かな…彼女どうこうよりも、私がオタクとしてダメなのかもしれません。

 

 

ベストショット

 

今日雑誌を整理していたら、昨年の「美術手帖」を発見しました。

 

 

美術手帖 2016年7月号

美術手帖 2016年7月号

 

 

 

読み直したらかなり素晴らしかったので1年越しに感想を書きます。

 

 

まずこれ、表紙の写真がとてつもなく良くないですか?テニミュにおいて最も絵になり、コンテンツとしての個性が色濃く出るキメの瞬間が、はっきりと美しく切り取られているんですよね…大好きです。

 

テニミュ特集のタイトルは【「テニミュ」という魔法の国のつくり方】。跡部様の隣にラケットを構えた日吉くんが立ち、それに向かい合う形でリョーマくんがラケットを構えている。もう最初から最高の特集だわ…

松田会長に上島先生、三ツ矢先生と錚々たるメンバーのインタビューがあり、その後に古田くんと三浦くん内海くんですよ!めちゃくちゃ豪華だなぁ〜(苗字+くんとか滅多に呼ばんわ)

 

そして贅沢な事にテニミュ関連の記事の後、ドリライ2016の写真が8Pに渡ってコーナーを組まれてたくさん載ってる!その写真の素晴らしさに当時とても感動したのを覚えています。このフォトコーナーではテニモ等でアップされる写真とはまた違う、カメラマンの方がその時見たキラキラの一瞬が、生き生きと一枚一枚に収められているんです。見せたいものではなく、魅せられたもの。私達おたくが普段見ているキラキラがそのままそこにはあります。

 

そしてその中に今回のタイトルであるベストショットがあります。

該当の美術手帖を持っている方は今すぐ開いてほしい。P45です。そうです!本田礼生さん演じる菊丸英二くんの写真!(ここに来てフルネーム出しました)

カラーの1P丸々使って推しが写るって中々ないので(パンフや個人の取材ならあるけど!)それだけで感無量なんですけど、またこの写真がとてつもなく良いんですよ!

場面は「チャージアップ」の時でトンチキアイドル衣装を着てはいるんですが(え?)、ラケットを持ち高く上げた右手と、テニミュ独特のキメをした左手がしっかり写ってる。やっぱりめちゃくちゃ絵になるポーズだな!

そして何よりもこの笑顔が最高!!!その瞬間を1番本人が楽しんでいる、この幸せそうな笑顔!!!何度見ても、あなたを応援できて幸せです、と心の底から思える笑顔です!

 

私は2年ちょっと推しさんのおたくをしていて、推しさんが写っている写真は全部チェックしているつもりだけど、この写真ほど鮮やかに、推しさんが役を「生きている」瞬間が写っているものはないと思います。ああ推しさんのおたくだけじゃなくてこの写真を撮った人にも、私の大好きな人が大好きな姿で見えていたんだと思うとそれだけで幸せです。

 

話の着地点がわからなくなってしまった。

とりあえず美術手帖さんのカメラマンさんありがとーー!!!推しが最高で幸せです!!!って話です。

 

写真に収まっていなくても、今まで推しさんが「生きてる」瞬間はたくさんあったしこれからもその瞬間はあると思うので、心のシャッターは絶えず切り続けたいと思います!

 

 

【感想】ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 青学VS立海

東京公演行ってきました!

まさかの推しの公録とドン被りだったけど、テニミュを先に取ってたので普通に行ってきました!(テニミュ大好きマン)

 

*以下ネタバレ注意

 

3rd立海公演、シンプルにめちゃくちゃ楽しかったです!

立海さんは予想通りとても歌が上手くて強かった…テニミュにおいてのテニスの戦闘力(言い方)ってダンスや歌の上手さだと個人的には思っているので、王者立海の歌唱力が振り切れてるのは最高でした!ハモリが凄まじくて鳥肌立った〜

特にお気に入りなのは後藤くんと大隈くんのD1組です(黄金の対戦相手だけど)ペテン師新曲の演出がとても良い!仮面も好きだし仁王くんの細かいマジック好きです

話題のブンちゃん新曲も、後ろで踊るジャッカル含めツボです。テイクイットイージーのサビのところのダンス可愛くないですか?すまんごめんソーリーはシャカリキファイトブンブン以来の流行語候補(でもめっちゃおもろいからハモらないでくれ)

 

六角はよくわかんないですね…(え〜〜〜!?)想像の斜め上を行く進化の仕方をしているので、彼らがどこに行き着くのか今からワクワクしてます。氷帝も騒がしくてしょうがなかったけど(好きです)六角は別ベクトルの騒がしさ(笑)

 

青学は個々のスキルが上がっていて感動しました!特に私は菊丸先輩贔屓なので、聖ちゃんがめちゃくちゃ上達していて泣きそうだった…セリフの言い方も歌い方もダンスも、全部上手になってるってすごくない?褒め始めたら止まらないからここでやめるけど、きっといっぱい練習したんだろうなぁ…腕がこんがり日焼けしてたけど…(これはご愛嬌)

不二先輩もめっちゃ素敵だった!この時点での不二先輩を楓馬くんが演じることに運命を感じます。あとやっぱり、視力が回復した不二先輩の目に最初に映るのが青学旗って…素敵すぎ…

仁愛ちゃんは王子様に磨きがかかってて最高でした!ドリライ3日間の爆速成長から日が浅いのにまた進化してても〜〜〜若さ!若さって素晴らしい!特にSAMURAI激ヤバでした。頭を振った時に飛び散る汗!キラキラの笑顔!眩しい!全てが眩しい…!まさしく王子様でした。

 

ただ立海さんはもったいないなぁ思うところがあって。みんなそれぞれテニミュよりも前から活動している場所があって、それぞれスキルがあって、ある程度大人で、ある程度器用だから「この業界で役者としてやってやるんだ!」っていう熱意が薄いっていうか…

テニミュって初舞台で右も左も分からない、ダンスも歌も芝居もできない、舞台の上手下手もわからない、だけどテニミュでやってやる!みたいな若い人達が頑張って頑張って頑張って成長する、みたいなところが魅力じゃないですか…それで卒業後は学校の元同級生みたいな、いつまでもお互いを意識しあって切磋琢磨できるような、そんな関係であり続けるのがテニミュキャストじゃないですか!?!?(圧倒的主観)

だから簡単に言うと、立海は性格がマイルドな摂津万里がいっぱいいる感じ(一部の人しかわからん例えをするな)

足りないんですよ…熱が…始まったばっかりなのに「このメンバーでいられる奇跡!」みたいな、G◯eeeeNみたいなこと言ってる場合じゃないんだよ!!!早いよ!大楽までとっておけよ!

特にとしきくん…私の観た回は「もう迷いはない」でしゃくりめっちゃ入ってて、違うんや!!!その歌い方は違う!ってすごく思いました。ソロでやるならまだ解釈の余地ありだけど、この曲でやるのはちょっと、真田ガン無視で1人で歌ってる感じ…初期の要くんもそうだったけど、上手い人にただのJ-POP歌いをされてしまうと、ただ歌が上手いだけで何も伝わってこないんだよなぁ…

立海さんはもっとパフォーマンスに貪欲になったらもっと良いものが出来るんじゃないかなって思うんですよ(壮絶なウエメセ)イージーミスなんてやってる場合じゃないんですよ、原作見直すのも大事だけどアウトプットの仕方の問題でかいと思うよ…

歌の上手さで好感度爆上がりだからもったいなくてしょうがない。

 

ここまでごちゃごちゃ書いたけど(立海のおたくの人たちに刺されそう)こいつが嫌い!みたいなのは全くないので…

これから全国を回っていくことで、たくさんのものを吸収して、きっともっと素敵な公演になると思います。まずは大阪公演で大いに苦しんでもがいて、たくさん頭使ってくれ!(テニミュあるある)

凱旋でみんなが地方を回って培って来たものを見ることが、今からとっても楽しみです!

あ〜〜〜テニミュのおかげで人生が楽しい!!!

 

 

P.S.変な凱旋追加演出はいりません!!!

 

【感想】「Fate/Grand Order THE STAGE -神聖円卓領域キャメロット-」

落ち着いたからやっと書けた〜!

FGO観に行ってきました!!!

実は夏公演最速先行油断しまくりで、まさかの希望日1本釣り狙いまして…普通に撃沈した。今回もしかして倍率高い?と思って2次からお手伝い頼んでも完全に手遅れで…一般は秒殺、夏公演は諦めてました。でも最終日前にいつも仲良くしてくれる同担の子が他の同担さんを紹介してくれて!なんとチケットを譲って頂きました!今世紀最大のお恵み!もう御二方には感謝してもしきれません!

 

そんなこんなで観に行ったわけなんですが、私ゲームは第4特異点止まり。今回の舞台は第6特異点。全然間に合ってません。(秋公演始まるまで終わればいっかという油断と単純に引きが弱い)なので舞台が初見だし1回しか観てないので私と解釈が違うわ!って方はすぐに閉じてください。

 

まず推しの前評判がめちゃくちゃよかった!

筋肉やばい(そうでしょう!)ダンスえぐい(そうでしょう!!)めっちゃかっこいい(そうでしょう(!!!)歌うますぎ(?そこは保留)

みたいな絶賛の嵐!ゲネの写真を見たけど大体面白いポジで面白いポーズしてる…推し演じるファラオ、オジマンディアスさんはジワジワくる人なのかなとか思いつついざ観劇!ちなみに始まる前は佐奈ちゃんが注意事項をアナウンスしてくれて、舞台には用語解説の映像が流れていました。なんて優しい現場。そしてブルーシアターは椅子が良い。

 

まず最初に驚いたのは井出卓也さん演じるロマニさん!めっっっちゃロマニ!!!声のトーンから仕草までロマニ!動いてるロマニさん見たことないけどめっっっちゃロマニ!ぶっちゃけ私の中のいでたくさんは「きら☆レボ」で止まっていたので(8年くらい経ってる!?懐かしすぎる!)めっちゃ新鮮だったしこんなにかっこよくなったのかってびっくりしました。

それと私が観に行った回は女の子主人公だったので、メインメンバーは全員女の子。もうキャピキャピしててかわいい!そして主人公の頭をポンってするロマニさん!この瞬間何人かロマニさんに落ちたぞ!って思ってました。

 

そして推し。スーパーファラオタイムです。まずはいつもよりめちゃくちゃ声が低いことにびっくり!テニスの時は声を作っていたけど、地声も声の芯が割と高めなんですよね。でもファラオボイスは腹からガッと出す!みたいな!「王の中の王」の威厳や自信が声にとても良く出ていてスーパーかっこよかったです!あとはよくやるすしざんまいみたいなポーズ(笑)推しさん見た目華奢なんですけど相変わらず筋肉めっちゃ付いてて「ひょ〜〜〜」ってなりました。推しの筋肉好きです。

そして歌う。いかに自分が素晴らしい王なのかという歌詞なんですが、あまりに歌が安定して素晴らしいので仏教徒やめようかと思いました。ダンスはもう言わずもがななんですが、腰のところにあんなジャラジャラ付けてよく側宙できんな!バックダンサーさん達と手だけでダンスするところもあるんですけど、どうなってんのかよくわかりませんでした。凄すぎて。

もう推しの出番だけでスタンディングオベーションです。ありがとうございました。

 

ところで今回のお話はタイトル通りアーサー王と円卓の騎士達のお話なんです。座長である佐奈ちゃんは円卓の騎士の1人、ベディヴィエール卿を演じました。(最初カタカナ難しすぎて読めなかった。そしてcv宮野真守です)もうね!ベディさんとっても素敵なんですよ〜〜〜〜〜!!!!!舞台の上では佐奈ちゃん特有の歌い方がベディさんの心情をとてもよく表していて最高でした。パタリロでも思ったけど佐奈ちゃんは、繊細に切ない心情を歌うスキル振り切れてんな!あとお顔が甘々系イケメンなので、切ない役所が似合いすぎてもうどうしようもない。なんとかしてあげたい。同担が次々にベディさんに落ちて行きました。(ちなみに私も写真買ってトレブロコンプしました)(え〜〜〜〜)

 

実を言うと推し、舞台中ではざっくり分けて3回しか出番がありません。全員で集まる最初と1幕終わりとラスト入れても6回くらい?(間違ってたらごめんなさい)結構少ないですね!主人公達に協力するスーパーファラオ、御殿でどっしり構えてる人なので…でもその3回が最高!まずはさっきのスーパーファラオタイム。次は主人公達と手を組むシーンなんですが、殺陣がやべえ。主人公チーム&ベディさんVSファラオの構図になるんですけど、でかい武器ブンブン振り回してるのにブレないし、ダンスやってるからかキメのタイミングがバッチリで超かっこいい!そしてナイスな上からの物言い!(ファラオなので)ハーレムの1人にさせてください。

そして最後は主人公達を助けるシーン。自分のお墓であるピラミッドを敵の本拠地に真っ逆さまに落とすという破天荒ぶり。ファラオだからできて当然!みたいな態度だけど力を使い切って消えてしまうんです。(今更だけど英霊っていう設定です)消えてしまう時、文句みたいな台詞を言いつつ武器を持つ手は震えていて、いつもよりも口調は穏やかだけど切なさが混じったような感じで。推しのお芝居が細かくて泣きました。序盤の破天荒さから最後への持って行き方が絶妙に上手なので、ぐっと引き込まれました。

 

お話自体も号泣の嵐だし、最後はとても爽やかに終わるので初見でもとても観やすかったです!ガッツリ書くの忘れてたけど他の円卓の騎士達も本当にかっこよかったです。武器と鎧があんな厳つくてなんであんなに動けるのかよくわからん。小野健斗さんは炎上でちょっと印象が悪かったのですが(ここで言うな)とてもスタイルが良いので鎧がめっちゃ似合ってて最高でした!あとコミカルシーンに強い(バカにしてごめん!)

 

FGOでは推しさんの新しい一面を見ることができて、今後のお仕事の幅がぐっと広がったような気がします。前にイベントでアクロバットができる人はたくさんいるし、芝居ができる人もたくさんいる、だから自分は2つのバランスが取れる俳優になりたい、と言っていたけれどそれに向かってしっかり進んでいるんだなぁと思いました。歌も確実に上手くなってきているし、もっといろんなミュージカルにも出て欲しい!そして何より本人のツイッタープロフに書いてある「ゲームのキャラになりたい」が叶ったことがとても嬉しい!これからも推しさんが推しさんらしくお仕事ができますように、と願わずにはいられません!いつも素敵な作品と出会わせてくれてありがとう推し!!!

 

そして!!!

写真集発売おめでとーーーー!!!!!

 

 

私は激怒した。

私は激怒した。必ず、かの邪智暴虐のネ○ケを除かなければならぬと決意した。私にはドルステがわからぬ。私は、テニスの村の牧人である。チケットを抱き、テニスボールと遊んで暮して来た。けれども推しの仕事に対しては、人一倍に敏感であった。

 

つまり何が言いたいかっていうと、推し(厳密に言えば推しの友人)が明日のアンプラ現場にお見送りで参加することになりました。

以下面倒なので推しの友人=推しで設定無視でいきます!

 

まず何故告知が前日なのか?先ほども言いましたが私にはドルステがわからぬ。よくあることなんですかね?そしてお見送りのみの参加って、あのメイクと衣装をわざわざして?お見送りだけ???絶対歌うだろ!(偏見)

そもそも推しが参加するのってマチネなんですよね、普通に前日に発表されて14時開演のマチネに参加できる人います?私はまだ学生ですけど無理です。社会人の方ならなおさら難しいと思います。チケはけてないからって急に推し使って無茶すんじゃね〜〜〜!!!って気分。

なんで長期休暇期間外に平日マチネを組むのかもわからない…ネ○ケさんこれよくやるけど無茶するなっていつも思ってます。大人の事情で平日マチネが必要ならごめんなさい、どなたか詳しく教えていただけると嬉しいです。

 

てか、これ1番大事なことなんですけどミ○タくんそんな簡単に起こしていいのかって話。今まで諸般の事情で出れなかったのはわかる、忙しかったもんね!でもさ、こ〜なんだろう、今まで作ってきた「寝てるから簡単に出られない」みたいな空気?簡単に壊しちゃっていいんですかね?だったらドルフェス2015だってちょこっとでも出られたんじゃないのかな…とか思ってしまう理不尽なおたく。

一応今も稽古があるはずだし、チケットはけないからちょちょっとお見送りに出しちゃえ♪みたいなノリで大事な推しをホイホイ使われても困ります。なにより肝心の顧客であるおたくが普通に行けないからね!

うっかり行けない体で話を進めましたが、実際おたくのみなさんはこんな時、どうしてるんでしょうか?学生は授業ブッチ、社会人の方は仕事放棄してでもこのちょこっとしたお見送りのために、翌日弾丸参戦してらっしゃるんでしょうか?

推しとリアルがどんな比重かによっても変わると思うけど、私は普通に学校大事マンなので内容がどうであろうと時間的に行けません!!!ごめんな推し!(1番言いたかったのはこれ)

推しが卒業した話③

半年かかってようやくテニミュと和解した私(???)夢のライブもいよいよ終盤です!

 

オールフォーとあいつこそはで青学の気迫をガンガン感じてからのtomorrow forは、対戦校パートで試合に負けて悔しいキャラとしての気持ちが、青学に想いを託してテニミュを去るキャストとしての気持ちが伝わってきて涙が出た。自分でもえ〜〜〜ここで私泣くん!?ってびっくりしたけどめっちゃ感動した。山吹と氷帝がここで一旦お別れなのが急に寂しくなっちゃって。

まあしんみりしてても楽しくなるのがテニミュですよね!ホロホロ泣いてたのにアンコール曲でテンション帰ってきて自分で笑ったんだけど、陽気なお姉さんにねえ!と言われて上を見たら8代目の4人がみんな大好きシャカリキで踊り狂っててさらに爆笑しました。4人は結構前からそこにいたらしくて、後から色々レポを読んだんだけど、嫌味のない良い先輩でほっこりしました。

そして公演後に投稿された前座長のインスタも。ライバルとして戦った2校の銀テと一緒に写っていたのはサラッと描いたステージ図。彼らしいエールだなぁと、すごく心があったかくなりました。

 

こうして愛着が執着に変わっていた私の心のもやもやは、他ならぬ推しが、8代目が取り払ってくれました。私はこれからもテニミュにいた頃の推しが大好きで、8代目も大好きだけど、今の青学も大好きで、今を歩いている推しが、8代目のそれぞれが大好きなんだって!結局みんなまとめて大好きだな!!!はっぴー!!!って感じです!!!(雑〜!!!)

 

こうやって色々感じて、泣いて笑って一緒に歩いていけるのがテニミュが愛される理由だなって、概念として理解していたものを体験できてよかったです。これからもよろしくなテニミュ〜!!!!!

 

長くなりましたがここまでお付き合いくださりありがとうございました!いや多分付き合ってくれた人いないと思うけど!(笑)

 

今後当面の課題は、次回推しが出演するFGOのチケットを手に入れることだよ…頑張ります…

推しが卒業した話②

楽しみにしてたドリライで地雷を踏み抜かれた私!最終日、どうなっちゃうの〜!?

はい、というわけで来ちゃいました最終日。この日はいつも仲良くしてくれて大好きな陽気なお姉さんとマチソワだったので心強くて、完全に開き直ってもうオールフォー来るなら来いや!みたいな感じでした。

結果的に言うとマチネは虚無。ただただ青のライトを振って、あ〜なんか初日に聴いたよりも上手くなってるかもね〜ハイハイわかるわかる〜…とサラッと受け流して涙はなんとか回避。

そしてマチソワ間、雑談しながらふとTwitterを開くと「(推し)くんの髪色が変わってる」「今(推し)くん入り口で見たんだけど髪色が!」

えっ。待って待って、私はオールフォーを乗り切る前に推しのNewヘアーの衝撃を乗り越えなくちゃいけないの?なんでこんな日に髪色変えてきてんのアホか???(推しは前回のカラチェンがとても不評で、本人もそれを気にしてました)なんでそんな気合入ってんだよ〜!こちとら命削って1曲乗り切ってんだよ〜!!!と思いつつ、とりあえず陽気なお姉さんがくれたリポDを一気して私も気合を入れて(?)大楽に臨みました。(ここは戦場か???)

 

ここで一応言っておきますけど、ドリライ自体は最高に楽しかったです。セトリも六角にちゃんとスポットが当てられてて(これは過去のドリライ参照)素晴らしくて、何より規模がでかいからやることが派手!アリーナってすごいね!そして何故か陽気なお姉さんと私、それぞれ運を発揮してマチソワ見やすい席だったので、本当に楽しめました。

 

そしてついにゲストコーナーの時間に。実際4人が出てくるとハイテンションでステージ上を転がる推しに笑って、急に始まるアクロバット対決に歓声を上げて、ほぼNGのネタで盛り上がって笑って。ステージ上には私の知ってる大好きな8代目がそのままいて、時間が2016年に戻ったようでした。とにかく幸せで、それに前座長がお客さんとして会場にいるのも知っていたから、それも含めてああ8代目だなって幸せで。思っていたよりもずっとずっと楽しい時間がそこにはあった。それと同時にOBとしてステージに立っている推しを見て「ああ、推しテニミュを卒業したんだ」と、今までどこか納得できなかったことがすとんと理解できて。胸が軽くなりました。

 

そして次のオールフォー。きっと私の気のせいじゃないと思う、青学はとても気合が入ってた。1人1人の動きが、声が今までと違う、全身で訴えてくる「全てはテニスのために」。なんだちゃんとかっこいいんじゃん青学。推しの卒業が理解できて、ようやく新しい青学を本当の意味で認められて聴くオールフォーは、青学の気迫がダイレクトに伝わってきて鳥肌が立った。

マチネ終わり、例の陽気なお姉さんは「立海戦に向けた気持ちが乗ったオールフォーテニスだったんだと思う。」と言っていて、その時はあまり思わなかったけど、今は彼らは彼らなりの方法でテニスに、テニミュに向き合っているんだなと心から思いました。

 

めっちゃ長いやん、次で終わりにします。