POMPOM

推すペースはかたつむり。はっぴーにゆるくいきたい。

THE MIX-UP 「TRANS-トランス-」

トランスや、ああトランスや、トランスや

 

先週千秋楽でした。が、感想をどう書くべきか、こんなに悩んだ舞台は初めてです。

語彙力3で表現すると「メリバまじ卍」

 

今回推しが出演したトランスは、鴻上尚史さん作の戯曲です。鴻上さんが書かれたトランスの本がちょうど地元の図書館にあったので、観劇翌日にダッシュで借りに行きました。(アマゾンで新品がねえ、届くまで待てねえと言うわけで、公共施設有効利用オタク発動)

 

なんでそんな作者が書いた本(日本語が複雑)が読みたかったかって言うと、内容がちょーーーー複雑だから。

ぶっちゃけ物語の答えを求めて本を読み始めたんですが、いやこれ答えないな!?

推しはハッピーな話として捉えていたようですが、私的にはどう頑張ってもメリバだし、(メリバの使い方が若干変)どういうルートで考えても必ず、どうしようもなく救われない人が出てくる。

フォロワーに本田さんのオタクがいた方はわかると思うのですが、もう連日解釈を投下する日々でした。私たちは人生の真実を見た。これは冗談抜きで本当。

 

 

【あらすじ】
フリーライターの雅人(本田礼生)。精神科医の礼子(桜田聖子)。おかまの参三(大石敦士/小山蓮司)。
3人は高校の同級生。何年かぶりに雅人が礼子の病院を訪ねたところから、再び交わる3人の人生。
離人症にかかった雅人は、ときおり意識が天皇に変貌してしまう。
偶然出逢った参三は、そんな雅人を献身的に支え、愛していく。
動揺しながらも、冷静に医者として、できる限りの対処をする礼子。
「自分が自分でないような感覚。トランス-TRANS-。」
それは、雅人だけではなく、もしかすると礼子自身そうかもしれず、参三にすら起こりうる事かも知れない・・・。

 

公式サイトより引用

 

あらすじはざっとこんな感じで説明されてるんですが、観ちゃうとあらすじも信じられない。(以下ネタバレです。観た方はこいつこんな解釈なんだーって流してください!)

 

 

 

さっくり結論を言っちゃうと、本当は誰が精神を病んでいるのか、私にはわかりません。

途中までは雅人が離人症、礼子が精神科医、参三がおかま(たぶんおかまであることはどの展開でも変わらない、笑わないでくださいね!?)で話が進んでいくんですが、ある時から流れが変わります。

雅人が精神科医、礼子と参三が患者、はたまた参三が観察者(この観察者については医者であるという確証がないため)で雅人と礼子が患者…という風に展開がぐるぐるまわるまわる……

 

そして本の最初のト書きには

立原・雅人と呼ばれる人物。

紅谷・礼子と呼ばれる人物。

後藤・参三と呼ばれる人物。

って書いてあるんですよーーーーー!?

これから出てくる人は全員その人であるという確証はない、もしかしたらこの中の誰かが作り出した妄想かもしれませんよって最初に!!!書いてあるじゃん!!!

 

もう途中から今見てるのが誰の妄想なのかもわからないし、私たち傍観者の立場から見て「精神を病んでいる」人が誰なのかもわからない。

 

お話は雅人が医者、他2人が患者のところで唐突に終わります。

演出の影響もあると思うけど、夢から覚めたような。それもソファーでうたたねをした、ほんのわずかな間の夢みたいな、そんな終わり方でした。鳥肌がぶわって立ったし、若干震えました。はっとしたっていうか、今見たものに恐怖を感じたというか。

うわーーーーーーこれは日本国民全員に観てほしい!!!!

 

そして最後に3人は微笑みながらこう言います。

 

私の愛する人

精神を病んでいます。

ですが、私は、

とても

幸福です。

 

どうしたものか。彼らに救いはないのか。いや、幸福だから救いなんかいらないんだろうけど、傍観者の私はどうしても「正常」を求めてしまいます。(私がガキで未熟だからなんだろうけど)

 

ここから先は完全に私の解釈だけど(しかも観た人にしか分かんない説明するけど)、礼子と参三が精神を病んでいて、雅人が死んでるルートあるんじゃないかと思いました。踏切の音、3人でした約束、「私は生きているのに死んでいる人間だから、死んでいるのに生きているあなたが見えるの」っていう参三のセリフとか。もしかしたら市川先生が礼子の不倫相手で、礼子が友人の雅人と医者の雅人として重ねているのはその人なんじゃないかとか。

いやーーーーでも鴻上さんがあとがきで書いてるヒントにはこの解釈は微妙にずれるかな…

 

妄想が止まりません。

 

 

 

この作品で確実にわかったことは、推しの演技力がとっても伸びていること!

推しの身体能力を感じたシーンは1回のターンのみ!がっつりなストレートで逃げ場もなかったのに、まあよくやったなと思います。

観ている間推しの入り込みかたが凄すぎて、この人誰だろう…って感じでした。本田礼生という先入観を払拭したい推し(ちょっとレポ禁に触れてる&フルネームという危険をあえて冒す)に完全に負けました。

 

ほんとこの人どこまでいくんだろう…これ以上何を手に入れようというのか。

今の所謂若手俳優としては十分なものを持っているけど、本人は全然満足していないみたいです。

そういうところが好きだし、次は何を見せてくれるのかワクワクしてる所もあるんだけど、人としてすごいな…推し

 

次は私の大好きなasiapan!(毎回言ってるよ)まーーーじで楽しみ!!!

そして悲しいことにasiapan終わったら諸事情によりしばらく現場自粛です!(テニスはちょっと行くけど)(行くんかい)

GEMは観られるように事情を(?)ちゃちゃっと片付けたいと思います!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017/10/28&29

 

2017年10月28日、推しが25歳の誕生日を迎えました〜!!!

アラサー突入!めでたい!

 

そして重ねて28日と29日に大阪、東京で写真集発売記念イベントが開催されました!

今回お話のほとんどが「文面だと伝わりづらい事がある(誤解を招く事がある)」ということでレポ禁なのですが、推しとの約束を破らない範囲で感想を書きたいと思います。(私は東京だけの参加だったので、大阪でアウトって言われたのにこいつ書いちゃってるよ〜って時にはコメント等で教えていただけたら嬉しいです!)

 

まずは誕生日当日の話がしたい!

昨年のカレイベで推しは、次の誕生日はみかんの絵文字ポンぐらいのツイートにしとこうかな…みたいな話をしてました。ご存知の方が多いと思うのですが、推しの誕生日アピは毎年激しい。

 

2014年

twitter.com

 

twitter.com

 

twitter.com

 

twitter.com

 

 

2015年

twitter.com

 

twitter.com

 

twitter.com

 

 

2016年

twitter.com

 

※2016年は他の年に比べて大人しく見えるけど、やっぱり誕生日が近くなるにつれて日常ツイートのテンションが高い

 

こんな感じです。でも今年は!

twitter.com

 

みかんポン!覚えててくれたんだーーー!おたく嬉しい!だからといってどうということはないけど!嬉しい!

 

そして迎えた東京イベント!まさかの!?隼くんが推しの顔写真入りケーキ(うちのTwitterより画質が良い:推し談)を持って登場〜〜〜!!!推しは完全に油断してたみたいで超びっくりしてました。会場外で目情があがっていた&大体予想ができていたので、オタクは隼くん来るだろーなーって思ってたけど。MCの松本さん(以心伝心の2人とオタクのパパ)に追い打ちをかけられて、自分だけ気付かなかったことに落ち込む推しおもしろかった。

すごいことにこのイベント、大阪3部と東京3部の全6部でバースデーソングを歌ったんですよ!毎回スタッフさんがバースデーソング協力願いのお手紙を座席に置いてくれるんですけど(結構丁寧)毎回ケーキが曲と同時に出ててくるし、なんなら1部ではお渡し会の間展示されてたし、25ってなってるろうそくはドバドバ溶けてたし、3部に至っては(多分)25本のろうそくが凄い勢いで燃えてました(消化活動:推し談)…祝い方アクティブすぎるだろ…

 

イベント自体は写真集のお話よりも、ファンからの質問コーナーが長かったです!本人がファンからの質問にできるだけ多く答えようとしてくれたのも大きい!事前に紙を渡されて質問を書き、箱に入れておくと推しがランダムで引いて答えてくれますってやつなんですけど、まーーーー内容がえぐいえぐい!大阪からかなりつっこんだ質問が多かったみたいなんですけど、それ聞いちゃう?それ答えちゃう?って質問が多かった!めっちゃおもしろかったけど!

ただこの質問コーナーのおかげで、推しがファンのことどう思ってるのかとか、普段どういうことを気をつけているのか、どういう生活を送ってきて、どういう俳優になりたいのか…超ディープな話を聞けてすごく嬉しかったです!

特にファンの為に普段、色々気をつけていることや思っていることがめっちゃいい人すぎて泣いた(笑)わーーーファンのこと大事にしてくれてるんだなーーーってダバダバ泣きました。

いやそんなん気にしなくていいよ!?ってこともあって…うわーーー推しの良さを具体的なエピソードを添えて話したい!てかTwitterレポOKにしたら語弊うんぬんよりも自分のことめっちゃアピールできるじゃないですか!あえてそれをしない推し!自分のファンが知っててくれればいいって!クゥーーーーー!!!(川平慈英か?)

もう本当に、どんな質問にも逃げずに誠実に答えてくれて好きしかなかった…いやほんとみんな写真集イベント来てくれ…(???)

そして何より嬉しかったのはファンのことを「尊敬できる人達」「誇り」って言ってくれたことです。まさか推しに尊敬できるなんて言われると思ってなかったので、本当に嬉しかった!

これからも推しの誇りでいたい!と茶の間ながらに強く思いました。

 

わーーーこれ以上書くとポエムにしかならないからやめとこ!

推しの25歳の1年間が素敵なものになりますように!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

THE CONVOY SHOW vol.33 『星屑バンプ』

ぼーっとしていたら観劇してから1週間が経ってしまった!感想です!

 

まずは推しが意味わからんくらいにかっこよかったです!

コンボイの感想で【ダンスする推しが最高にかっこいい】って話をすると、ほとんどの他担が「そらな」って顔をします。違うそうじゃないんだ。コンボイでダンスをする推しって、みんなが知ってるようなかっこよさじゃないの!

ブレイクダンスとかアクロバットはみなさんご存知の通りとっても素晴らしいんですが、タップやジャズ、おじさん達や他の若手の人達と一緒に踊ってるところが最高にかっこいいんですよ!!!ずーーーーーっと楽しそう!特にタップはコンボイに入ってから身に付けたものだし、周りの俳優さん達の空気もとても良くて、マジでみんなタップ踊る礼生さん見てくれ!

それとショータイムで歌う「ガッツだぜ!!」の推しがSooooooo Cute!!!!!!! スタンドマイクで歌うんですけど、並び替えでスタンドマイク運ぶ推しもかわいかったし、他の人と笑顔で顔を合わせて列を移動する推しもかわいかったし(移動結構多いんです)何より若干下ネタ入ったソロパート(2番の頭の歌詞)をはにかみながら歌う推し!!!!!!最高!!!!!わかる!モテたいよな!!!!(????)

 

お芝居も見せ場がしっかりあったし、推しになんとなく似ているところのある(本人談)とても良い役だったので楽しかった!真面目で気配りができて、まっすぐで茶目っ気がある推し!かわいい!

今回のお話は今時のおじさん達と今時の若者達が出会い、ともに夢を追いかけるというものでした。だからおじさんと若者の文化の違い、みたいなものが出るところが多かったんですが、今時の若者をとてもフラットに演じていたというか、良い意味で力が抜けていてとても素敵でした!てか居酒屋のフライドポテトとか時事ネタ多すぎて若者的にヒヤヒヤした!(笑)

 

あとは推しが自分について語るモノローグのシーンがすごくよかった!恐らく脚本を書く時点でねずみさんが推しにバッチリ当ててきてると思うんですが、初めてストリートで踊った時両親が遠くから見ていた、とか「好きに理由なんてないですよね。自分がやりたい事ってなんだろうって考えたら、自然と体が動いていました」(ニュアンス)って台詞とか。涙だぱーーーーーーって感じでした。特に両親の話をするところは目がとてもキラキラしてて、表情がとても素敵で、きっと自分の時ことを思い出してるんだろうなぁ〜って思って…無理でした。

推しはそんなに頻繁に家族の話をするわけではないけど、家族や故郷のことを大切にしているのは色んなところですごく伝わってくるので、そういう推しを見ているととても心が温かくなります。うわーーーーこの人推しててよかったなーーーー!!!!って思う瞬間の1つ!

 

コンボイ推しを観に行っても他の人のお芝居に惹きつけられたり、観る人によって刺さる台詞や感動する場面が違ったりしてなんだろう、万華鏡みたいな…???(例えが劇的に下手)とにかく良い作品ばっかだよってことです…

そして何より舞台に立つ人それぞれが全力でふざけて、踊って歌って楽しんでいるから、観ている側も元気を貰って帰れるんだろうな〜と。やっぱりな素敵な場所だなって改めて思いました。コンボイにいる推し最高〜!!!!!

 

あ、完全に余談ですが博品館の1階に、とある絵本シリーズがあったんですけど、その中の

 

エジプト学 オシリス神の墓を求めて

エジプト学 オシリス神の墓を求めて

 

  

魔術学―魔術師マーリンの秘密

魔術学―魔術師マーリンの秘密

 

 

この2冊が並べて置いてあって、第六特異点キャメロットを感じずにはいられませんでした(笑)絶対に同担の仕業!

 

次のコンボイは「asiapan」です!

私が今まで観た舞台の中では不動のナンバーワン!!!先行始まってないけど今から楽しみ!

観て後悔は絶対にしないと思うし、何よりあの北◯武が絶賛なので(お約束)興味のある方はぜひ劇場に足を運んでみてください!

 

【追記】

星屑バンプも来年の再演が決まったみたい!うわーーーー嬉しい!

グループについて

流れに乗り遅れてしまいましたが、管理人様のブログを拝読致しました。

 

正直私は今までグループがどういうものなのか知らずに参加していました。所謂若手俳優に関するものなら何でもいいのかな〜という認識だったので、今後は改めたいと思います!

また推しの公表に関してですが、私は推しエゴサが怖いので、推しのフルネームは1回出したきりです。一応どの記事も推しが分かるようには書いているのでご容赦ください!本当にどこで見てるのかわからないので怖いです!(笑)

 

その上で、このグループに参加するべき内容ではないなというもの(自分語りやおたくへの愚痴等)を非公開にしました。

実ははてブロの使い方がよく分からなくて、ブログ参加用のカテゴリーとか設定できていません!PCだったらできるんでしょうかーーー!!!設定がうまくできたら、また記事は元に戻します。夜が明けたらとりあえずPC開いて設定やってみます…

 

今後も変わらず推しへの愛を叫び続けたいと思いますので、よろしくお願いします!!!

公式LINE

ついに!推しが公式LINEアカウントを開設しましたーーーーーーーー!!!!!

 

嬉しい!前回も書きましたが稽古期間のTwitterはほとんど更新がないし、最近のブログはスタッフさんによる事務連絡ばかりなので、新しい情報発信ツールが増えるのはとっても嬉しい!

そして何より推しと(一方通行だけど)おしゃべりできるのが楽しい!返信が安定のゆるさ!!!好き!!!

推しのスタッフさんはとても親切なので、出演舞台のTVでの特集情報とか雑誌掲載情報とか(白黒ページかどうかも)舞台公式とは別に教えてくれます。LINEでやってくれると他の用事で開いた時に気軽に遡れるから便利!(ただし推しとおしゃべりしすぎると見失うので注意が必要)

しかも今までのアメブロの投稿もコメントごと全部動かしてくれたので、LINEブログになっても過去の記事が読める!トップフライト様!!!(若手俳優アメブロ離れが最近進んでいるので、アメブロさん大丈夫か…?っていうのはある)

推し発信のメッセージも1回来たんですけど、ちゃんと話題ごとにメッセージが区切ってあって真面目さを感じました!事前にちゃんと用意して送った感じがある〜!好き!

ブログの写真は、絶対ファミレスで撮っただろ!っていう写真でめっちゃ笑いました。多分ジョ○サンでしょこの椅子。え!ファミレスってラーメン無くない!?ファミレス行くんだ!?みたいなことを多方面から言われていて結構面白かったです(笑)

 

そして3月の舞台も発表されました!絶対出て欲しい系統の作品だったのでめっちゃ嬉しい!でも私その時期就活です!下手に先行で取って面接被ったらヤバイ。とりあえず古田さんとまた共演するので、1回は行けるように今から神に祈りたいと思います…

 

過去最高の勢いで書いてしまったーーー!けど嬉しーーー!!!本人は返信の内容増やします宣言をしているので、これからもおたくの楽しい遊びは続きそうです!

 

これを読んでくださった方、もし良かったら推しとLINEでお友達になってくださいね〜!

 

→@honda_reo

https://line.me/R/ti/p/@honda_reo

 f:id:HRhgzynf38:20170901100902j:image

 

P.S.最近色んな方がスターをつけてくださるので、とっても嬉しいです。ありがとうございます!

 

最近の推し

まず始めに、この記事昨日からちょこちょこ書いてたんですけど、ほぼ同じタイミングで同じことを思っていた同担さんがいらっしゃって運命感じました(笑)いつも楽しくブログ拝読しております!

 

最近の推しは「THE CONVOY SHOW vol.33『星屑バンプ』」の稽古中です。

 

いや〜〜〜〜もうほんと楽しみ!!!何が楽しみってコンボイ、単純にめっちゃくちゃ面白いんですよ!前回推しが出演した「THE CONVOY SHOW vol.32『asiapan』」は今までの人生に問いかけてくるような、観ているだけでお腹の底から興奮が湧いてくるような、お芝居とパフォーマンスの両方で殴りかかってくる最高の作品だったんですけど(他の方が書いているはずなので詳しい内容はカットで)円盤発売の文化があまりないようなので『asiapan』も発売されていません…本当に出して欲しい…

 

話は戻ってこのコンボイ、稽古中に毎日動画と写真がアップされるんです。動画はFCサイトで見られるんですけどなんと!無料です!テ○モもびっくり!!!!

毎日内容はバラバラで、主に今日はこんな練習をしました、疲れた、疲れた、疲れた、いぇ〜〜〜〜!!!!⤴︎⤴︎⤴︎みたいな感じなんですけど(最高に意味がわからん)超面白い。

この前なんて推しはメンバーの方に「お前口んとこ荒れてんな」とか言われて腸内環境を全世界発信で心配されるという案件がありました。

http://www.convoy.ne.jp/party/contents/xross/?p=1539

推しは基本稽古が始まると集中しちゃって(本人談)Twitterの更新が疎かになるタイプです。やっと更新した!って思っても「今日は以心伝心です!」みたいな自分のラジオの告知。(告知ちゃんとできるのはいいことだと思います)ブログもテニスが終わってから本当に更新しない!前は各地方終わるごとに更新してたのに!(笑)

そんな感じの人なので、毎日ゆるゆるのアホみたいな動画で(アンチではありません好きです)生存確認ができるのはとても嬉しい。

しかもこの動画のいいところって、昨今の2.5舞台のようにチケットを売るためにやっているわけではなく(もちろんそういう面もあると思うけど)ただの活動記録であるところなんです。学園祭の準備で男子高校生が動画撮ってるみたいな、そんなノリなもんだから全然嫌味がなくて純粋に面白い!飲み会の動画とかあるし!(笑)

 

コンボイに元々いるメンバーの方は、みんな推し含む若手チームの親に当たる年代で要はおじさんなんですけど(超好きです)各方面で活躍されている凄い方ばかり。このコンボイに入るために、若手チームはテニスと同じかそれ以上に大変なオーディションを乗り越えてきたのだとか。(確か単純計算で25倍だったかな…)そしてお約束の「世界の北○武も絶賛」するほどの素晴らしい作品。こんなに恵まれた環境で板の上に立つ推し、最高〜〜〜!!!

「自分が舞台に立てるのは応援してくださる皆さんのおかげ」ってよく推しは言うけれど、コンボイほどの凄い人たちに認められたのは間違いなく推しの実力そのものだし、コンボイで新しいことに挑戦してそれを自分のものにしていくそれはまさに、推しの努力の結果だし!集客力とか知名度ではなく、自分のエンターテイナーとしての実力で勝負して掴み取った場所だからこそ、あの舞台に立つ推しは最高にかっこいいんだなって思います。

 

何が言いたいかって言うと、コンボイ超楽しみ〜!!!コンボイにいる推し最高〜!!!ってことなんですけど、ただそれだけなんですけど!今回も全然まとまらなかった!!!

 

次の『星屑バンプ』も絶対面白いので、お時間のある方は是非博品館劇場へ!

http://www.theconvoyshow.com/tcs33/

 

 

 

 

P.S.テニスの時の企画Tが写り込まないように配慮できる推し、100点満点です!!!!!

オタクとしてダメなのか、人としてダメなのか

こんにちは!長い夏休みで人としてダメになっている学生オタクです!

タイトル的にこのまま自分のダメ加減を書き連ねる感じですが、今回は私のことではなく私の友人の話を書かせてください。(本人にこのブログが見つかった時のリスクは考えていません)(そこは考えような)

 

彼女は私と同い年で高校からの友人です。身内には「初日千秋楽の友達」と言っていますが、今回は【記念日観劇ちゃん】と呼ばせていただきます(長いけど)

御察しの通り、彼女は初日・千秋楽・キャスト/キャラの誕生日等の記念日観劇が大好きなフレンズです!俳優の推しは青8の某キャスト、BL大好きオープン腐女子、流行ジャンルを渡り歩く天下の2次元オタク、口癖は「尊い」「お金ない」です。なんかもうこの時点で地雷ですね!なんで今まで仲良くできてたんだろ!

 

 記念日観劇ちゃんへの不信感は、今思えば初めて連番した3rdルド○フ公演からだったかもしれません。その時私は凱旋の連番相手を探していて、テニスの村の牧人である彼女に声をかけました。(後から話を聞いたらオタクを名乗る割りに、知識はニコ動オンリーだったから殴りたくなった)当然いつ行く?って話になるじゃないですか、彼女は千秋楽と即答。まあ私も行きたかったし!取るね!と私のテ○モの名義でチケットを取りました。まずこの時点で言いたいんですけど、彼女はTS○もテ○モも入っていません。テ○モはルドが終わってから入ったみたいですけど彼女の名義は全く仕事しないし、ラジオとかの話を振ってもチェックする時間がないと言われ、話が弾みませんでした。高いから抜けようかなとか言ってるし…月額540円だよ?あのボリュームで540円は実質タダだと思う…

話が逸れました。次の山○公演は東京初日が記念日観劇ちゃんの推しの誕生日でした。(サラッと推しバレ)TS○で取れなかったと彼女に話したら、「どうしても行きたいの!できれば良席で!」…そっか!うん!推しの誕生日だもんね!探そ探そ!と言ったはいいけど見つからねえ。翌日彼女に見つかりそうか聞いたら、「時間がなくてまだ探せてない、てか俳優オタクの取引の仕方わかんないや〜」…マジか〜これは私が探さないとダメなのか〜!ちょっとおかしいなって思ったけど、彼女俳優オタク初心者だし…と納得して無事譲渡してくれる方を見つけ、観劇しました。

その後もチ○ライ(彼女の推しがゲストの日)を取り、ド○ライ(大楽)を取り…迎えた氷○。アホな私は懲りもせずいつ行こうか聞いたら、まさかのここで「お金がないから行かない」

は???推しの???卒業公演に???行かない???

「成績が下がって親に怒られてバイトを辞めた、だからお金がない」ここでアホな私はまたやらかしちゃうんですよね〜。彼女をライビュに誘いました。

ただライビュに誘ったわけではありません。当日券並ぶけど当たらなかった時の保険でライビュ取ろう、という話で誘いました。彼女もノリノリだったかと思います。ところが公演も残り2.3日となったあたりで、彼女から衝撃の連絡が来ました。「当日券並ぶの面倒だからライビュだけにしよう」…まっっってマジか!!!これでテニスの現場に推しがいるのは最後なのに!?正気か!?さすがに抗議したんですけど、☆☆ちゃんと一緒じゃないと親が許してくれない、2人とも当たるとは限らないし当たったらライビュが無駄になるから並びたくない、と譲らず。どうやら彼女の家では私と一緒が観劇条件らしく、一緒にいないとダメだそう…勘弁してくれ記念日観劇ちゃんのママ!!!

大楽は泣く泣く当日券を諦めました。色々あった大楽だったけど映画館挨拶が推しだったこと、ライビュ特典映像がとても良かったことが救いです。(行った劇場だけ電波悪くて何回もノイズ入ったけどな!!!!!)

そして表面上はとっても仲のいいお友達なので、彼女の原作推し校立○の公演まで一緒に観劇することを約束しました(ちなみに六○は東京初日に行き、ド○ライはあっちのお金がないから連番はせず、立○は凱旋初日取ってます)(ほぼ約束通りになっちゃってるじゃん…)

 

ここまで長く書きましたが結局、記念日観劇ちゃんはオタクとして付き合わない方がいいのか、人として付き合わない方がいいのか、3年半の付き合いなのに未だにわからずにいます。チケットを取ったらやりすぎなくらい感謝されるし、彼女の周りに俳優オタクは私しかいません。実際私には☆☆ちゃんしか一緒に行ってくれる人いないから…!とか言われるし。だから変な親切心を持ってしまうのかもしれないけど。

今はもう違う学校に行っているけど、高校のプログラムでホームステイした時も同じ家だったからホストファミリー関連は一括りにされるし(その時の彼女のトンデモエピソードも書ききれないほどある)、向こうの親が私のことを信頼しまくっているのでいつまでも付き合いが続いています。

 

どのタイミングで切るのが正解なんだろう…やっぱ立○かな…彼女どうこうよりも、私がオタクとしてダメなのかもしれません。